コンプライアンスとは

企業トップの会談などを聞いていると、コンプライアンスという言葉をよく耳にすることがあります。コンプライアンスという言葉の意味は、企業において、法令、規則を厳守する事、法令厳守を表しています。
企業は法人であり、社会的な地位を持った存在です。社会のルールを守る事はもちろん、良識を持った活動が必要となります。

昨今、企業内で法令違反を起こしたなどの問題もメディアで取り上げられることも多く、こうした法令違反が後に大きな問題となる事も多く、場合によっては違法行為に当たり行政処分を受ける対象となる事もあります。
行政処分を受けることになると企業の信頼を失墜し、最終的に倒産に追い込まれることもあります。こうしたことを踏まえて、企業内のコンプライアンスの重要性が高まり、コンプライアンス体制を企業内で確固たるものとするために、企業法務など部門の構築が行われています。

企業がコンプライアンスを口にする場合、法律、規則を守るという意味のほかに、その精神や良識を守り社会的模範となる事を求めています。コンプライアンスはリスクマネジメント(損失の回避、低減)を行う方法としてとらえることもでき、企業にとって幅広いリスクに対応する手段ともいえます。