企業内の法務活動

企業法務を確立する企業が多くなっているのは、企業が規則違反を犯すことのリスクが、社会的にも大きくなっているからです。
企業を保護するといった意味でも、社内に企業法務部門を設けることは必須となっており、現在では多くの大手企業が企業法務を置いています。企業法務がどのよう安業務を行うのか、どのような活動を行うのかは、企業によって多少の違いがあります。
非常に多岐にわたる業務があるため、企業法務に携わる者は時事や社内の源所に精通していることが必要です。

主な仕事としては、企業間の業務に関係する契約書の作成や作成された契約書の内容の把握、審査、また契約の手続きなども行います。企業が保有している不動産などがあれば担保管理なども行いますし、この先、不動産を建設するという場合にはそのプロジェクトにも参加します。
企業の業務において許認可が必要な業務がある場合、ライセンス取得も企業法務の仕事です。

社内の内部統制を行う事も企業法務の重要な働きとなるため、リスクマネジメントについての対応、コンプライアンスの具体的な方法を策定し遂行する際には管理も共に行います。この他、企業が有している知的財産に関する管理や法的な手続き、新生などを行うのも企業法務の大切な仕事です。