企業法務は社内の統制

企業法務という言葉は聞きなれない言葉かもしれません。企業が安定的な業務を遂行する事が難しくなっている世の中でよりよい企業活動を遂行していくために、企業法務の重要性が高まっています。
企業法務というのは、簡単にいえば企業の事業活動に関わる法律に関する業務を言います。企業の取引や人事、また設立などに関しても大きく係ることで、企業が業務を経営する上で非常に高い重要性の高い役割を担っています。企業法務がしっかり行われていること、確立されていることで社内の統制を図る事が出来ます。
逆に言えば社内の統制、規律をただし業務を正しく遂行していくために、企業法務は必須です。

例を挙げてみると、取引先が経営難で倒産という状態になった場合、いち早くその状態を把握し裁判など法的対応を考慮し問題解決に向けてスピーディに動くことが必要となります。その際、法務部門が正確に活動できれば問題回避が可能となります。
この他、企業間で業務についての契約が行われるという場合にも、契約書のチェックを行い、将来トラブルとなる条項がないか、また契約に必要な条項の不備がないか確認を行います。こうしたチェックを厳格に行っていくことで、将来起こりうる法が関係するトラブルを未然に防ぐことができます。

現在多くの大手企業では、こうした法務部門確立が行われており、部門を置いていることはもとより、顧問弁護士にも事業活動に関わってもらい質の高い業務サポートを行っているという企業も少なくありません。
当サイトでは企業法務の重要性、必要性を大企業以外、中小企業などにも理解していただき、より質の高い業務、安定した業績を得ていただくことへのお力になればと考えています。