企業法務は重要

企業法務は企業が活動を行う際に欠かせない法律上の業務を遂行するという部門です。人事や労務以外、企業の契約や取引など深部にかかわる役割を持っていますので、非常に重要性のある業務です。

以前こうした企業法務に関しては顧問弁護士が対応していたという企業もありますが、この場合、多くは、トラブル、問題が発生した後のよりよい対応に力を入れたもので、法的な問題や社内の規律に関するトラブルを予見し、未然に防ぐという仕事はできていませんでした。
企業内に法律上の業務を専門に行う企業法務を置くことで、企業の安定した業務を阻害する危険因子を未然に摘むことが可能となりました。

企業の業務に精通し、規則や契約などを把握している部門があるという事は、企業が重大な決定を行う場合にも指針となります。
例えば企業が他企業を買収しようとしている場合や、新商品を開発する際にリスクとなる事は何か?など考慮する際にも、企業法務がある事で法的リスクを探ったり、知的財産の利用を考えるなど色々な活用法を見出すこともできます。

企業の法的なミスが、企業自体を破壊してしまう可能性もある現代において、企業法務は企業を守る砦となり、企業内を取りまとめる柱となります。非常に重要性の高い役割を担っているのが企業法務です。