企業内の法務活動

企業法務を確立する企業が多くなっているのは、企業が規則違反を犯すことのリスクが、社会的にも大きくなっているからです。
企業を保護するといった意味でも、社内に企業法務部門を設けることは必須となっており、現在では多くの大手企業が企業法務を置いています。企業法務がどのよう安業務を行うのか、どのような活動を行うのかは、企業によって多少の違いがあります。
非常に多岐にわたる業務があるため、企業法務に携わる者は時事や社内の源所に精通していることが必要です。

主な仕事としては、企業間の業務に関係する契約書の作成や作成された契約書の内容の把握、審査、また契約の手続きなども行います。企業が保有している不動産などがあれば担保管理なども行いますし、この先、不動産を建設するという場合にはそのプロジェクトにも参加します。
企業の業務において許認可が必要な業務がある場合、ライセンス取得も企業法務の仕事です。

社内の内部統制を行う事も企業法務の重要な働きとなるため、リスクマネジメントについての対応、コンプライアンスの具体的な方法を策定し遂行する際には管理も共に行います。この他、企業が有している知的財産に関する管理や法的な手続き、新生などを行うのも企業法務の大切な仕事です。

コンプライアンスとは

企業トップの会談などを聞いていると、コンプライアンスという言葉をよく耳にすることがあります。コンプライアンスという言葉の意味は、企業において、法令、規則を厳守する事、法令厳守を表しています。
企業は法人であり、社会的な地位を持った存在です。社会のルールを守る事はもちろん、良識を持った活動が必要となります。

昨今、企業内で法令違反を起こしたなどの問題もメディアで取り上げられることも多く、こうした法令違反が後に大きな問題となる事も多く、場合によっては違法行為に当たり行政処分を受ける対象となる事もあります。
行政処分を受けることになると企業の信頼を失墜し、最終的に倒産に追い込まれることもあります。こうしたことを踏まえて、企業内のコンプライアンスの重要性が高まり、コンプライアンス体制を企業内で確固たるものとするために、企業法務など部門の構築が行われています。

企業がコンプライアンスを口にする場合、法律、規則を守るという意味のほかに、その精神や良識を守り社会的模範となる事を求めています。コンプライアンスはリスクマネジメント(損失の回避、低減)を行う方法としてとらえることもでき、企業にとって幅広いリスクに対応する手段ともいえます。

企業法務は社内の統制

企業法務という言葉は聞きなれない言葉かもしれません。企業が安定的な業務を遂行する事が難しくなっている世の中でよりよい企業活動を遂行していくために、企業法務の重要性が高まっています。
企業法務というのは、簡単にいえば企業の事業活動に関わる法律に関する業務を言います。企業の取引や人事、また設立などに関しても大きく係ることで、企業が業務を経営する上で非常に高い重要性の高い役割を担っています。企業法務がしっかり行われていること、確立されていることで社内の統制を図る事が出来ます。
逆に言えば社内の統制、規律をただし業務を正しく遂行していくために、企業法務は必須です。

例を挙げてみると、取引先が経営難で倒産という状態になった場合、いち早くその状態を把握し裁判など法的対応を考慮し問題解決に向けてスピーディに動くことが必要となります。その際、法務部門が正確に活動できれば問題回避が可能となります。
この他、企業間で業務についての契約が行われるという場合にも、契約書のチェックを行い、将来トラブルとなる条項がないか、また契約に必要な条項の不備がないか確認を行います。こうしたチェックを厳格に行っていくことで、将来起こりうる法が関係するトラブルを未然に防ぐことができます。

現在多くの大手企業では、こうした法務部門確立が行われており、部門を置いていることはもとより、顧問弁護士にも事業活動に関わってもらい質の高い業務サポートを行っているという企業も少なくありません。
当サイトでは企業法務の重要性、必要性を大企業以外、中小企業などにも理解していただき、より質の高い業務、安定した業績を得ていただくことへのお力になればと考えています。